いつ食べてもおいしいスイーツ!

福島県の名産品といえばお菓子のままどおる、桃、喜多方ラーメンなどいろいろありますが、地元民の私が何回食べても飽きないオススメ品は、柏屋の薄皮饅頭です。
日本三大饅頭の1つになっているらしいのですが、和菓子だからか、見た目が地味だからか、お土産としてはままどおるの方がポピュラーなイメージです。
黒糖を使った薄い皮に、あんこがたっぷり包まれています。9割くらいあんこなのですが、そのあんこが上品な甘さだからか、何個でも食べられます。皮が黒糖味なので、子どもも食べやすいと思います。地元民は、子どもからお年寄りまで皆食べています。
種類もこしあんと粒あんの両方があるので、食べ比べをしたり好きな方を食べることができます。またノーマルサイズどミニサイズもあります。食べる人によってサイズも選択できるので、お土産としても気が利いていてなかなか痒いところに手が届く商品かと思います。
柏屋さんは福島のいろいろなところに店舗を出していますので、ぜひ試してみて下さい。