直葬と1日葬の費用の違いを簡単にまとめてみました

直葬
直葬とは、通夜式や告別式などの儀式を省き、ご家族などごく親しい方数名で火葬のみを行う葬儀のことを指します。「火葬式」ともいい、場所も火葬場の火葬炉の前で行われます。
プラン:火葬のみ
所要日数:1日
人数:1~10名程度
費用の目安:総額 30万~52万5千円
<葬式費用内訳>
葬式代 直葬プラン
火葬プラン 15万~25万円程度
(「第3回お葬式全国調査」2017年)
火葬費 無料~7万5千円(地域で異なる)
オプション代 宗教者へのお布施 15~50万円
家族などごく少数の人数で行うことや、告別式などの儀式を行わないので、喪主は香典を辞退する場合も多いようです。
儀式を省くので、葬儀費用を最も抑えることができます。
ですが、参列者の人数が少ないので香典で賄うのは難しい場合が多いです。
一日葬
一日葬は、通夜式を行わずご遺体安置後に告別式のみを行い、火葬を行う葬儀のことを指します。
通常の葬儀(一般葬)では、1日目にまずお通夜を行い、翌日2日目に葬儀・告別式と二日間にわたって執り行いますが、一日葬はお通夜を行わず火葬までを一日ですませます。
プラン:告別式⇒火葬
所要日数:1日
人数:5~30名程度
費用の目安:総額 58万~150万円
<葬式費用内訳>
葬式代 一日葬プラン 40万~60万円程度
(「第3回お葬式全国調査」2017年)
火葬費 無料~7万5千円(地域で異なる)
オプション代 合計 18万~83万円程度
(内訳) 告別式の料理代 2万5千円~24万円 (5千~8千円×人数)
香典の返礼品代 5千円~9万円(千~3千円×人数)
宗教者へのお布施 少なくとも15~50万円
通夜式を行わないので通夜式の料理代が無いのと、宗教者への謝礼が1日分なので、一般葬・家族葬よりは費用が抑えられます。
一日葬は告別式を行いますので、参列者は香典を持参します。
葬儀費用を抑えて、親族にできるだけ多く参列をしてもらうことで、葬儀費用を香典でまかなえる可能性があるのです。
喪服はしっかりとした通販サイトで濃運輸しましょう。
しまむら喪服安っぽいので恥を書きます