私立文系出身者が数学のできない理由

もし私に誰かが理系に進んだほうがいいのか、それとも文系に進んだほうがいいのかと聞いたのならば私は迷わず「理系に進みなさい」と助言します。しかし、私はある小さな学習塾でこのようにいい続けても多くの人たちは、文系、それも私立文系に進んでしまいます。どうして、彼らは私立文系に進んでしまうのでしょうか。
それにははっきりとした理由があります。その理由は私立文系の入学試験にはそれが一般入試であっても数学がいらないのです。多くの高校生が数学が苦手だとはいいません。しかし、学力の低い生徒の大半は数学は苦手なのです。しかし、難関国立大学を目出している生徒は数学は数ⅠA、数ⅡBまで出題されます。
ただ、数ⅢCは範囲外なので勉強はしません。しかし、難関国立文系に進む生徒に対して仮に数ⅢCまで受験範囲に入ったのならば、彼らはそこまで数学を勉強して大学に入学してくるはずです。しかし、現在数学なしで受験できる私立文系大学が数ⅠA、数ⅡBまで必須になるとおそらく今まで私立文系を目指していた生徒たちは私立大学を諦めて他に流れると思います。
つまり、私立文系の受験層というのは、特に勉強をしたいわけではないけれども「とりあえず、大学に行ったほうが就職に有利らしいから、大学にでも行くか。」という感じで入学してくる層、もしくは数学が苦手で、自分ができる勉強はゴリゴリ暗記するしかないとあきらめている層なので、私立文系大学でも数学が必須になれば多くの受験生は受験自体しなくなると思います。