アトピーとはアトピー性皮膚炎のことを言います

アトピーとはアトピー性皮膚炎のことを言いますが、強いかゆみや湿疹などが出てきて良くなったり症状が悪くなったり、何度もぶり返したりする皮膚の病気です。アレルギーのことをアトピーと呼んでいるのですが、数年前までは、乳幼児や赤ちゃんなどに多い病気として知られていたのですが、今は大人でもなかなか治らない皮膚疾患としても知られています。アトピーという名前ですが、なぜこの名前が付けられているのでしょうか。アトピーという名前は、もともとは奇妙である、不思議なという意味があるのですが、ギリシャ語からつけられました。アトピーは、アがついていることで、トピーの不思議なという意味を否定しているということになりますので、結局は、アトピーというのは、これとは断言できない奇妙な、皮膚炎という意味合いでつけられた名前です。アトピー性皮膚炎という名前を付けたのは、アメリカ人の病院で働く医師で、1928年に付けられました。ギリシャ語では、原因不明の、不思議なといった意味のある皮膚炎ということになります。アトピーというのは、体の外からはいってきた抗原を体が異物だと思って排除して、免疫機能が働きます。これがアトピー性皮膚炎として発症することになるのです。皮膚に症状が出る人もいれば、咳などの症状が出る人もいますから、色々ですが、アトピー性皮膚炎の人というのは、何かアレルギーがあるということになるのです。アトピー性皮膚炎になっている人は、ですから何か食べ物や物質などにアレルギーがあることになります。
2
アトピーの薬
アトピーの薬と聞くとだれもがステロイドをイメージする人は多いと思います。確かにアトピーの薬として、ステロイドが処方されるケースは多いでしょう。ではこのアトピーの薬として知られているステロイドというのは、一体どんな薬なのでしょうか。アレルギーの薬の中で一番有名といってもいいのが、ステロイドです。これは副腎皮質ホルモンを使っているもので、炎症を静める作用があります。炎症に対して劇的な効果が見られるために、アトピーの症状があまりにもひどいという場合には、ステロイドが処方されます。ステロイドを塗れば、2-3日もすれば誰もが炎症が静まります。しかし効果は抜群ではありますが、実際には依存症の心配もありますし、副作用などもあると言われていますので、アトピーの人がステロイドを使うと聞くと、抵抗を感じたり、怖い薬だと思っている人は多いのです。ステロイドは確かに怖い薬かも知れませんが、使い方などをよく守れば、怖い薬ではありません。長期間使うと依存度が高くなりますし、女性の場合には子宮などにステロイドの成分が貯まると言われているので、あまり長い時間使うことはよくありません。アトピーの症状が特にひどくて、対処できないくらいになった場合には、一時的にステロイドを使用して、炎症を抑えることはありますが、日常的に使うということはできるだけ避けた方がいいかもしれませんね。ステロイドは処方されたら医師の指示に従って使いましょう。
アトピーにはステロイドなどの薬を使って治療をしたり症状をよくしている人は多いと思いますが、西洋医学の中では、アトピーというのは原因が分からない皮膚の病気とされているのです。しかし東洋医学で考えてみたら、漢方医学では、どんな病気でも原因はありますので、アトピーにも原因はあると考えられているのです。東洋医学からみたアトピーの原因としては、今の現代の食生活習慣や生活習慣などが関係していたり、他にも環境なども関連して発症していると言われています。添加物が入っている食生活や、ストレス社会、生活が不規則であるということなどが、アトピーを引き起こしていると言われているのです。人間というのはもともとアレルギーから、体を守ろうとしている力がついているので、こうした不規則な生活や食生活を続けているということで、アレルギー物質が体の中に入ってきて、アトピーなどになりやすい状況にあると言われているのです。そこでステロイドを使って炎症を抑えるのではなくて、漢方で、体質を改善させようというのが、漢方を使ったアトピーの治療法なのです。漢方薬というのは、自然の植物などから作られていて、自然治癒力を高める働きがあります。アトピーの人は免疫力なども下がっていますし、自然治癒力なども弱まっていると考えられますから、こうした人は、漢方を利用して、自然治癒力などをアップさせる方がいいでしょう。アトピーの治療は、漢方を飲んで、体質を変えるという方法もあるのです。
原理原則のコンテンツseoお気に入りサイト