調停を申し立てる場合、裁判所にある「家事調停申立書」

離婚調停 取り下げには、家庭裁判所からも調停離婚の申請がきましたが、それは両親が説得して取り下げになりました。私としては、離婚に応じてくれるなら、婚姻費用分担の調停は取り下げるつもりです。元夫側の弁護士の主張は、私が離婚調停(実際は、離婚脅迫が恐ろしくて、弁護士に夫婦間の調整申立依頼)を申し立てたから、離婚が決まったので、婚姻費用分担請求の必要性がなくなったから、取り下げたから、結果1円も払わなくてよくなった元夫に悪意はない。などの状況に巻き込まれている方の相談が見られます。
離婚調停を申し立てた側は、いつ、どのタイミングであっても取り下げることが可能となっています。 たとえば、 「相手が調停の場になかなか来てくれない」 「話し合いが難航してしまった」 「精神的苦痛に耐えられなくなってしまった」 といったように、基本的にはどういった理由でも構いません。
離婚調停では、話し合いをより円滑に進めるために陳述書を作成しなければならないこともあります。 もちろん期日当日に口頭による主張を展開することが悪いわけではないです。しかしながら、調停の時間は限られていますので、事前に陳述書という書面を提出しておくことにより時間の短縮をはかることができます。
調停とは、当事者間の紛争について、裁判所(調停委員会)の仲介によって、当事者が互いに譲歩し合い、合意による解決を目指す手続、 つまり、裁判所での話し合いです。 離婚調停で失敗しないようにするためには、押さえておくべき10のポイントがあります。
離婚調停の申し立てには、ビックリするほど沢山の書類が必要です。もちろん弁護士に依頼すれば、しっかりフォローしてくれますが、自分で用意する場合は書き方のコツを知っておく必要があります!「主張書面」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「主張書面」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう!
調停は当事者の合意がなければ成立しないので、自分が離婚したくても相手が離婚に合意しなければ、離婚調停は当然に成立しません。 ですから、離婚調停を成立させて調停離婚することが最良だと思ってしまいます。もちろん、調停離婚が目的ならその通りなのですが、目指しているのは「離婚」であって「調停離婚」ではないですよね。
【PR】
離婚調停は長期にわたることも少なくありませんが、その間に恋人ができた場合、配偶者に慰謝料を請求されるなどのリスクはあるのでしょうか。離婚 円満